カナガン 猫 キャットフード 腎臓

猫を腎臓病から守ろう!カナガンのキャットフードが選ばれる理由!

もともと腎臓が強くない猫にとって、腎不全は最も恐ろしい病気の一つです。

 

その中でも「腎不全」は、高齢猫の死因で高い割合を占めています。

 

ここでは、猫の体にも優しく、予防の期待もできるといわれているキャットフード「カナガン」について、その理由などをご紹介します。

 

【注意】カナガンのキャットフードは療養食ではありません。

 

尿をろ過する役割である「ネフロン」が壊れることによって、腎不全を引き起こしてしまいます。

 

腎臓病の中でも腎不全は、慢性と急性があり急性腎不全では腎機能が一日で低下してしまい、慢性は長い年月をかけて腎機能が低下してしまうのが特徴です。
症状

  • 体重減少
  • 食欲不振
  • 尿の回数が増えるなど

これらの中でも、体重減少と食欲不振がよく見られる症状といわれています。

 

しかし症状が現れたときには、すでにかなり進行しているということも珍しくないそうです。

 

定期的に健康診断に行くことはもちろん、症状が気になり始めたら、早めに獣医師さんに相談することが早期発見に繋がります。

 

原因

人間や他の動物に比べて、猫の腎不全がなぜ多いのかは、まだわかっていませんが、その原因と考えられているものをご紹介します。

感染

細菌などの感染によって引き起こされることがあります。

遺伝

アビシニアンやヒマラヤンなどは、腎不全になりやすい遺伝子を持った猫種だといわれています。

先天性

生まれつき腎形成不全や多発性嚢胞腎による疾患も原因といわれています。

基礎疾患

もともと糖尿病などの病気がある場合、合併症で腎不全を起こしてしまうことがあります。

 

カナガンのキャットフードで尿路結石の予防から始めよう!

 

水をあまり飲まない猫にとって、腎不全の原因の一つといわれている尿路結石にならないように、普段の食事などから予防できるように心がけてあげることも大事です。

食事

塩分や脂肪を控えた栄養バランスのよい食事を与えてあげることが大切です。

水分

普段から水をあまり飲まない猫ですが、ウェットフードを使うなどして積極的に水分を摂らせてあげることが大切です。

 

その他、ワクチンでウイルス感染などの病気を予防してあげたり、日々の体重管理や尿の量をチェックしてあげることも重要になってきます。

 

このように、猫の腎臓に負担を与えないように、飼い主さんが気遣ってあげることが大切です。

 

腎不全になってしまうと、キャットフードも腎臓に負担の少ない療養食を与えることになります。

 

現在は多くのメーカーが療養食を作っており、どれを選べば良いのか飼い主さんも悩んでしまいます。

 

数多い療養食がある中で、グレインフリーで無添加を特徴とするカナガンのキャットフードがなぜ腎不全の猫に優しいのか、以下のような理由が挙げられます。

  • 人工添加物無使用なので、腎臓に負担がかからない
  • 原材料に、尿路結石の予防が期待できるクランベリーを使用
  • 年齢に関係なく、全ライフステージ対応

以上のように、カナガンのキャットフードは、運動機能が活発な子猫や成猫にとっては抜群の栄養バランスではあるものの、たんぱく質が多めに配合されているため、腎臓に負担がかかりやすいといわれている高齢猫には不向きかもしれません。

 

特に高齢猫には気を配る必要がありますが、腎不全などの腎臓病にならないために小さいころから予防してあげるのも飼い主さんの務めです。