カナガン 猫 腎臓

カナガンのキャットフードを使って猫の腎臓病を予防しよう!

猫は年齢と共に腎臓の機能が弱くなってしまい、腎臓の病気になりやすい傾向があります。

 

その大きな原因といわれているのは、水分不足によるものです。

 

しかし飼い主さんが毎日新鮮な水をきちんと与えていても、元々水分をあまり摂らない猫にとって水分量が思った以上に足りていないのが現状です。

 

腎臓の機能を悪化させないために、猫にとって積極的な水分摂取が腎臓病を予防するために必要不可欠だといえます。

 

では、水分摂取以外にはどのような方法で腎臓病を予防してあげるとよいのでしょうか。

 

猫の食事のベースをドライフードにしている飼い主さんも多くいらっしゃると思いますが、カナガンのドライフードには、腎臓があまり強くない猫の性質を考慮して他メーカーのドライフードよりも水分を多く含んで製造されています。

 

その他、ウェットフードには見た目からもわかるようにドライフードよりも水分が多く含まれているため、食事から水分を摂取することができるというメリットがあります。

 

このようにカナガンのキャットフードは、穀物を使用しないグレインフリーで猫に必要な栄養価が十分に配合されていることに加え、水分が積極的に摂取できるように工夫されています。

 

添加物の過剰摂取による腎臓の機能悪化を防ぐという面でも、カナガンは添加物不使用なので猫の身体に優しいキャットフードだといえます。

 

尿路結石の予防に期待!カナガンのキャットフードを使うメリット!

 

腎不全などの深刻な腎臓病に直結する可能性がある尿路結石は、猫にとって絶対に避けたい病気の一つです。

 

尿路結石の原因には、動物性たんぱく質の過剰摂取や水分不足によってマグネシウムが結石になることなどが指摘されています。

 

尿路結石の予防には動物性たんぱく質とマグネシウムのバランスが重要といわれており、カナガンのキャットフードはグレインフリーで肉が多く含まれているため、動物性たんぱく質をより多く摂取できるという特徴があります。

 

尿がアルカリ性に傾いてしまうことで結石ができてしまうので、動物性たんぱく質をより多く取り入れることによって尿を酸性に傾けることができるため尿路結石の予防に繋がります。

 

さらにカナガンのキャットフードに含まれているマグネシウムは0.09%となっており、マグネシウムの過剰摂取による尿路結石になる心配が少ないのも特徴です。

 

また、市販品にほとんど含まれていないビタミンCが豊富なクランベリーを配合しています。

 

このクランベリーは利尿を促す作用があり、膀胱炎や尿道炎などの泌尿器系の病気を予防する効果が期待されています。

 

このようにカナガンのキャットフードは、猫本来の体質なども考慮されて作られており、猫にとって病気の予防効果も期待できる身体によいキャットフードの一つです。

 

ただし、カナガンは療養食ではありませんのでご注意ください。

 

まとめ

植物性たんぱく質を多く含む市販のキャットフードを与えるよりも、動物性たんぱく質が多く低マグネシウムのカナガンのキャットフードを与えることによって、猫が尿路結石などの腎臓病を予防することが期待できます。

 

猫に積極的に水分を摂取してもらう工夫として、ウォーターファウンテンのような自動給水器を使う方法も有効です。

給水器の水の流れに猫が興味を持ち、いつでも新鮮な水を飲むことができる上に、水分の摂取量が増えるというメリットがあります。

 

新鮮な水を猫にとって腎臓病になりにくい身体づくりをするために、飼い主さんが積極的に協力することが重要です。