愛猫家の方の体験談

愛猫家の方の体験談記事一覧

もう5年ほど前の話になります。我が家にはアメリカンショートヘアーの雌猫がおりました。本当に健康体で、8歳の時に一度子宮の病気になりましたがそれ以外は本当に健康体で、19才で他界するまで、ほとんど病気にかかる事はありませんでした。その猫が18才になったばかりの頃の話です。とても甘えん坊で、すぐ私の膝上にのってくる子で、その日も私の膝の上にゴロゴロしていました。お腹を触られるのが嫌な子なので、普段はあ...

先日、家で飼っているオス猫が朝から具合が悪いようで、何も食べずにじっとしているんです。「おかしいな?」と思って少し様子を見ようと思ったのですが、呼吸も苦しそうなので心配になってエネルギー療法というのをされている動物病院の先生にお願いしてみてもらいました。すると、治療を開始してすぐに、それまでうずくまって動かなかったのに、体を動かしはじめて表情も心なしか楽になった様子なんです。これにはビックリしまし...

去年から保護した猫と一緒に生活をするようになり、一年経った今でも猫との生活に不慣れな点や分からないことだらけの私に起こった猫との実際に起こった体験談です。数ヶ月ほど前に祝い事があり、知人から花束を贈っていただいたので花瓶に移して飾ろうと思い、花を花瓶へ移す作業をしていました。すると、猫が花に興味を持ち、こちらへ近付いてきて花の匂いを嗅ぎにやってきました。うちの猫は植物が好きなようで、以前から花や植...

10年くらい前に飼っている猫が下部尿路疾患になりました。当時の私は猫の病気のことは一切知らなかったので、訪れていた前兆を見逃していたのだろうと当時を振り返るとそう思います。ある日飼っている猫が急におしっこを部屋の壁にするようになりました。どうしたんだろうと思って様子を見ながら、粗相をしたので一応軽くダメだよっと叱ったのですが、それでも数時間後にはまた壁におしっこをかけていました。おかしいなと思って...

我が家の愛猫が初めて血便した時は本当にビックリして心配しました。子猫用のフードから大人用のフードに変えた頃から愛猫が2日に一回しか便をしなくなったので、少し心配はしていたんです。なので、便に血が混ざっていたのを見た時は人間のように痔なのかなぁとも思いました。ですが、なんかネットで血便のことを調べてみると猫の痔は無いとか・・・とりあえず、動物病院に連れて行く前に連絡をしてみたら、便も持ってきてもらっ...

私の飼いネコが体験してしまった肥満からと考えて、動物病院の主治医からの言葉としてこれからの病としまして「これからの年齢が進むにつれて生活習慣病になってしまいますよ」といわれました。生活習慣が関与して起こる慢性の病気で、近年では動物にも人間と同じような生活習慣病がみられるようになってきています。ネコの生活習慣病の多くは肥満に関係しています。この肥満は食生活の習慣から生じてきました。1.気管虚脱ネコは...

我が家には今、五歳と三歳の雌猫ちゃんがいるのですが、どちらもインターネットの保護猫サイトから譲渡してもらい、雑種のキジトラ猫ですが家族みんなの癒しでかわいくて仕方がない存在です。五歳のココちゃんは食欲旺盛で猫フードだけでなく我々人間ば食べているものも欲しがるような食いしん坊で、避妊手術を受けた後体重増加に気を付けるように言われていたにもかかわらず、現在キロという巨漢猫になってしまいました。もう一匹...

我が家には現在、五歳と三歳の雌猫ちゃんがいるのですが、もともとこの子たちはインターネットの保護猫サイトで譲渡してもらった野良猫たちです。私自身幼稚園の時にお友達から猫を譲り受けてその猫とともに青春期を過ごし、彼女が老衰するまで猫といる生活を送っていたので、猫がいるのが当たり前といった日常でした。その後も数年の開きはありましたが結婚と同時に友人から猫を譲り受け、私が長男を身ごもったことから実家へと猫...

つい最近のことです。我が家の愛猫が膀胱炎になってしまいました。今まで病気一つしたことがなかった、とっても健康体の我が家の猫でもかかってしまう膀胱炎。何が原因だったのか、どの様な症状が現れたのか、また、どの様にして回復したのかを簡単にまとめてみました。まず症状が現れたのは動物病院に連れていく一週間程前でした。普段は一度おしっこをすると数時間はトイレに行かない猫が、急に短時間の間に何度もおしっこに行く...

猫を飼育されている方で、猫の爪切りに関してインターネット上で検索すると、「前脚の爪だけ切れば大丈夫。後足は切らなくて問題ない」と言った記事やブログが出てくるのは見たことはありませんか?私自身、ロシアンブルーを飼い始めて一通りインターネット上で情報を集めました。猫は基本的に爪切りを嫌がります。もちろん私の愛猫も例にたがわず、すぐに逃げたり嫌がります。ですので、寝ている時に切るようにしていましたが、最...

私は数年前からオス猫を飼っています。子どものころから猫が大好きだったのですが、実際に飼うのは人生で初めてのことです。過去に家で小さな動物を飼っていた経験はありましたが、猫ぐらいの大きさの生き物となると、やはり分からないことだらけで本当に苦労しました。まず困ったのは、去勢手術や避妊手術という言葉そのものです。テレビなどで見て何となく手術をしなくてはいけない理由や、どのような効果のある手術なのかという...

我が家にはインターネットの里親サイトから譲渡してもらった、キジトラの5歳と3歳の雌猫がいます。自宅は分譲マンションで、一階の角部屋に住んでいるので比較的ベランダも大きく、完全室内飼い猫とは言え、いつも窓から外を眺めているニャンコちゃんたちを見ると、たまには外の空気も吸いたいだろうと言うことから、洗濯物を干すときだけ彼女たちもお散歩紐をつけてベランダ内を動き回れるようにしていたのです。ちょうど窓際に...

茶トラと黒の兄弟猫を保護して飼っています。2歳の時にそれまでの住宅地から農村地域に引越をしました。新しい家に興味津々で歩き回る茶トラとは対照的に、黒猫はサンルームで引っ越し業者の作業が終わるまで毛布にくるまっていました。黒猫は神経質なのかな、と思い始めたタイミングで今度は頻繁にグルーミングをはじめ、お腹、足、そして自分で舐めることができる腰のあたりも毛が抜けて白いブチができてしまいました。室内飼い...

愛猫グレオは3ヶ月のときに我が家にやってきた。グレオは里親募集をしていたおうちにいた子猫兄弟のうちの一匹で、やんちゃな男の子。グレオがいたおうちは10匹以上の猫がいるにもかかわらず、投薬していないのかノミだらけで、畳の上を跳んでいるのが見えたくらいだったので、グレオを連れて早々に引き上げた。帰りの車の中で、「あんなにノミがいるんだったらこの子にもついてるだろうし、注意しないと人間にも害がありそうだ...

飼っている猫を家族に迎え入れてから2か月ほどたってもあまり大きくないことに違和感をおぼえ、原因を考えていました。ご飯は十分に食べている様子ですし、トイレも特にかわった様子もなくふつうにしており、不思議でしょうがありません。それよりもまず、この猫はもらってきた猫であったのですが、誕生日もいつかはっきりしていなくて、猫をいただいた人の話ではだいたい生後3か月ということでしたので、もしかしたらまだ生まれ...

愛猫、愛犬を飼われている方は多いと思います。今のご時世は恵まれていてペット保険の会社も増えていますし、動物病院の数も増えて設備も最新鋭の医療機器を備えているところも多いです。しかしかかりつけ医とは別に緊急時にかかる病院のリストは備えて準備していますか?もし夜間時に体調が悪くなった時に備えて複数の動物病院は事前に調査しておくべきです。24時間体制の民間の獣医やペットホテル併設の獣医には深夜もしくは2...

随分前の話になります。猫を飼い始めてから数か月、最初の健診受けた時は全く問題なく完了。それから更に数か月・・・今度は去勢手術を受ける事になりました。評判が良いと聞いていた隣町の動物病院に行くことになりました。事前に予約をしていく事になりましたが、ここから早速問題発生です。猫がキャリーバッグに入ろうとしなく、これだけでも大分タイムロスしました。やっとの事で入れて出発し、動物病院へ向かう事に。所がここ...

猫を飼ってると、だいたいフードはいつもと同じフードをあげる傾向があると思いますが。うちは歴代で猫を飼っての教訓といいますか、勉強になったことがあります。以前は、毎回フードは決めてました。たまに違うフードもあげたりしてましたが下痢とかになると大変だと思い、めったには違うフードは与えませんでした。でも東日本大震災のときに避難所に行きましたが、うちはいつも多くのフードを買ってましたし、余裕で逃げたのでフ...

私の家には現在、1歳になるメスの猫がいます。この猫は購入して家に招いたのではなく、もともと嫁の実家近くにいた野良ネコちゃんでした。野良ネコといえば普通は人を警戒して中々なつかないことも多いと思うのですが、このネコちゃんに関しては嫁にだけなつくという不思議な現象が起こっていました。嫁にしか懐かないことを気に入った嫁がネコを飼うことを提案し、私もネコ好きなので受け入れることにしました。数日後、野良猫を...

わたしの家には1匹の猫がいます。いわゆる外で飼っているのではなく、室内飼いというものです。この猫ちゃんは私が購入したわけではありません。今の嫁と結婚する3週間前ほどに嫁の実家付近に突如出現した猫ちゃんなのです。嫁が帰宅途中に偶然発見し、その可愛さに一目惚れ。初日はそれだけで終わったのですが、毎日同じ帰宅時間に会うことが重なり次第に愛着が増大していったとのことです。雨の日も外の気温にも野良猫ちゃんは...

うちには黒猫がいます。最初はガリガリに痩せこけた親猫がうちにやってきて、あまりのひどい姿に母が可哀想に思い、餌をあげました。それからというもの、毎日のようにうちに来ては餌を食べて行くようになりました。ドンドン元気になっていった親猫ですが、ある日、母が餌の器を見せると親猫の後ろには、子猫がウロチョロとついて来ていたのが見えました。母がニコニコしてそれを見ていると、親猫も安心したのか、毎日のように子猫...

子供の頃から猫が大好きでようやく猫を飼える環境になり、15年間猫と共に生活しました。病気で亡くなってしまったのですが、「猫の状態に早く気づいていれば・・・」と亡くなって3年経った今でも後悔ばかり。猫の健康状態って見れば分かるんですよ。猫の体調が悪いときは毛並みが乱れるんです。健康な状態だと毛繕いをちゃんとしているため毛並みがキレイですが、体調が悪くなると毛繕いをしなくなるか、したとしても簡単に舐め...

猫は腎臓の病気にかかりやすいです。高齢になると腎臓が弱ったり病気になりやすいので注意が必要です。猫がかかりやすい病気があるので猫を飼うならそういうことに気をつけることが大事ですね。そして猫は体調が悪くなると飼い主にちゃんとサインを送ってきます。私はそれを知らずに猫を飼ってしまったことを後悔しています。猫は大切に育てれば滅多に病気をしないと思っていました。室内飼いで可愛がって育てていれば長生きできる...

私の家で飼っている猫についての体験談です。我が家の猫は完全室内飼いの猫で肥満傾向であった為、肥満用のキャットフードを与えていました。しかし、ある日猫を抱っこして撫でているとフケが発生していることに気づき、そしてニキビができているのも発見しました。本やインターネットで調べてみたところ、そこまで大量にニキビやふけが出ているわけではないので病気ではないことがわかり、どうやらキャットフードが関係しているよ...

私は茶トラと黒猫の兄弟猫と同居しています。普段は室内飼いで、土日はリードをつけて散歩に出かています。住まいは田舎住まいで、自宅周辺は茶畑がひろがり散歩には絶好のロケーションなのですが…。2年ほど前の夏、夕方の散歩帰りのことです。道路わきで何かを見つけた茶トラが草むらに顔を突っ込み、前脚でちょっかいを出していたところ、ギャっと叫んで飛びあがりました。慌ててその場所を確認すると茶色っぽく短い蛇が逃げて...

私はたくさんいてる猫の種類からロシアンブルーという種類の猫を選び飼っていました。ロシアンブルーの特徴は、もの静かで賢い猫でした。そして、愛情深く飼い主の家族と一緒にいるのが大好きでした。猫を家の中で飼っておくことの注意点としまして、猫は犬のように散歩をさせることがないので、家の中で身づくろい、爪とぎをさせたら家の中が傷だらけになってしまいました。見知らぬ人に対しては強く警戒心を持ちながら接したりし...