猫 トイレ 血便

えっ!?血便!?愛猫の便に血が混ざっていました!!

我が家の愛猫が初めて血便した時は本当にビックリして心配しました。

 

子猫用のフードから大人用のフードに変えた頃から愛猫が2日に一回しか便をしなくなったので、少し心配はしていたんです。

 

なので、便に血が混ざっていたのを見た時は人間のように痔なのかなぁとも思いました。

 

ですが、なんかネットで血便のことを調べてみると猫の痔は無いとか・・・

 

とりあえず、動物病院に連れて行く前に連絡をしてみたら、便も持ってきてもらった方が良いと言われましたので便を持ってすぐに病院に連れて行きました。

 

診察の結果、どうやら直腸の肛門の入り口あたりに傷があるとのことでした。

 

便を診てもらったら、というか、うんこが入った袋を触っただけですが、「硬い」ということでした。

 

なので、傷を治す薬などを処方してもらい、フードもロイヤルカナンの消化器サポートという療法食を使うようにに言われ、フードもしばらくそちらに変えることになりました。

 

しばらくロイヤルカナンの消化器サポートの療法食を与えていたら、するとまぁなんと、でっかい柔らかいウンチが出る様になったのです。

 

そして3日目位には血便はしなくなりました。

 

でもこの療法食、普通のフードよりはやはり高いんですよ。

 

なので、1袋が終わる頃に少しずつ元のロイヤルカナンのインドアのフードに切り替えていったのですが、インドアのフードの割合が増える頃にまた血便してしまったのです。

 

「これは危険だ!」と思い、すぐにまた療法食に戻しました。

 

我が家の愛猫には「ロイヤルカナン」は合わないと思い、獣医師の方もオススメしていて口コミでも大人気の「カナガン」と「モグニャン」を試してみたところロイヤルカナンよりも食い付き抜群でした。

 

 

ですが、問題はフードだけではなく、便秘解消には水分をたくさん取らなくてはいけないということで、自動給水器を2台買い、水を飲める場所も増やしました。

 

流れるお水が好きで蛇口から出るお水を飲む猫の動画はたまにありますよね。

 

うちの猫は水道から水が流れていても全く興味を示さないので心配だったのですが、最初は自動給水器を眺めたり、湧き出る噴水に前足をつけたりという感じでしたが、しばらく様子を見ていたら今ではたくさん飲んでくれています。

 

どれぐらいお水を飲んでいるかもわかるようになっている自動給水器ですので本当に便利です。

 

毎日どれだけお水が減っているかもチェックしています。

 

フードの切り替えと同時に、自動給水器でお水を飲む量も増えて便も柔らかくなり、血便もなくなりました。

 

フードをカナガンとモグニャンに切り替え、ドライフードだけでは心配ですので水分が多く含まれているウェットフードも与えるようにしています。

 

お水をたくさん飲んでくれるようになったので自動給水器も買って良かったです。