野良猫 ノミ

野良猫からノミをうつされてしまった事件!

我が家にはインターネットの里親サイトから譲渡してもらった、キジトラの5歳と3歳の雌猫がいます。

 

自宅は分譲マンションで、一階の角部屋に住んでいるので比較的ベランダも大きく、完全室内飼い猫とは言え、いつも窓から外を眺めているニャンコちゃんたちを見ると、たまには外の空気も吸いたいだろうと言うことから、洗濯物を干すときだけ彼女たちもお散歩紐をつけてベランダ内を動き回れるようにしていたのです。

 

ちょうど窓際にある大きなソファーの脚の部分にロープを括り付けると、ベランダの柵まで行かない距離に近づけるので、我が家のココちゃんとモモちゃんもこの洗濯タイムを楽しみにしていたのですが、ある時5歳のココちゃんの額部分に何か黒いものが動いたような気がして、まさかと思って夫とココちゃんを押さえつけながら身体を調べると、なんとノミがいたのです。

 

自宅に迎え入れてから数年経っていてノミなどいなかったのに、これはもしかしてモモちゃんもか、と思い、同居している私の母に調べてもらうと、やはりモモの身体にもノミが発生してしまっていました。

 

そういえば、最近私たち家族が皆何かの虫に噛まれていて痒いなーとよく話しており、猫たちに付いたノミが原因だとこの時ようやく分かったわけです。

 

でもどこからノミが付いたのか疑問で不思議に思っていると、実は母が我が家のベランダの柵の向こうのマンションの植え込み部分を悠々と歩く野良猫を発見していたようで、道路沿いにあるマンションなので野良猫が簡単に道を横断し、植え込みの中に入り込んで来ていたのです。

 

猫の嗅覚は犬ほどではないにしろそこそこ良いのでしょう、我が家に猫がいると察知したようで、遠くからずっと我が家のベランダや窓を見ていたらしく、もしかしたらベランダの中にも侵入していたのかもしれないと言う話になりました。

 

加えて母は、自分が洗濯物を干した時、我が家の猫たちがベランダに置いてある箱やかごなどをクンクンと必死に嗅いでいた様子も見ており、これは間違いなく野良猫が我が家のベランダに入り込み、ココやモモが入って遊ぶかごなどにも入ったのかもしれないということになり、これが感染経路であると思いました。

 

これを機に二匹をお風呂に入れてシャンプーし、病院へ連れていきノミのお薬をつけてもらうと同時に、ベランダの柵全てに猫除けスプレーをまき散らし、部屋のベットの下などにはノミを捕獲する装置を付けるなど、あらゆるノミ退治グッズを買い集め対策しています。

 

皆さんも愛猫を少しでも外に出す時は注意してくださいね!