猫 おしり 虫

猫のおしりにごはん粒?寄生虫にはご注意!

愛猫グレオは3ヶ月のときに我が家にやってきた。

 

グレオは里親募集をしていたおうちにいた子猫兄弟のうちの一匹で、やんちゃな男の子。

 

グレオがいたおうちは10匹以上の猫がいるにもかかわらず、投薬していないのかノミだらけで、畳の上を跳んでいるのが見えたくらいだったので、グレオを連れて早々に引き上げた。

 

帰りの車の中で、「あんなにノミがいるんだったらこの子にもついてるだろうし、注意しないと人間にも害がありそうだね」と主人と話をし、引き取ったその日のうちにノミ取りシャンプーでしっかり洗い綺麗にし、病院にも連れて行って駆除薬も投薬してもらった。

 

健康診断も問題なかったので当面安心だねとほっとして、かわいいグレオと生活を始めた。

 

それから半年経ったある日のこと。

 

猫砂を掻く音が聞こえたのでトイレしたんだなと思いながらこちらに歩いてきたグレオを撫でていた。

 

ふとおしりを見ると白い粒が。

 

あれ?ごはん粒?そんなわけないよね・・・と疑問に思いながらティッシュで取ってよく見てみると、パールのようなつるんとした表面の小さな、0.5mmくらいの粒だった。

 

これ何?と思っていると、ぐにょーんと伸びた。

 

ネットや雑誌の知識で、寄生虫がいることは知っていたけれど、猫との生活で初めて見た虫だった。

 

伸び縮みしながら移動しようとするので、ティッシュを何枚か重ねて潰した。

 

定期的にノミ取りシャンプー、うんちのチェックもしていたので、まさか虫がいるとは思わなかったので軽くショックを受けた。

 

即、行きつけの病院に電話をし、相談すると「瓜実条虫だろうね、虫下ししようか」ということだったので、そのままキャリーに入れて病院へ。

 

病院に着くと手早く投薬してくれたので一安心。

 

先生からは「瓜実条虫は、白い長いのが節みたいになってて、切れていくからそのひとつがたまたまおしりについてたんだろうね。よく見つけたね」と言われた。

 

よくよく考えると、まだ子猫のグレオが、急に下痢になったことがあったと話すと「それも寄生虫のせいだったのかもしれないね」と先生に言われた。

 

グレオが生まれたおうちの環境がすごかったから、いくら駆除薬を投薬していても、虫がいないとは限らないんだなとも思ったし、猫の体調が大事なので、もっと早く気づくべきだったなと反省。

 

たまたま虫を発見できたことですぐ投薬できて良かったなと思った出来事でした。

 

今では下痢もなく、家中を走り回って元気にしています。