猫 外 散歩

外出や散歩はあまり得意ではない猫ちゃん

わたしの家には1匹の猫がいます。

 

いわゆる外で飼っているのではなく、室内飼いというものです。

 

この猫ちゃんは私が購入したわけではありません。

 

今の嫁と結婚する3週間前ほどに嫁の実家付近に突如出現した猫ちゃんなのです。

 

嫁が帰宅途中に偶然発見し、その可愛さに一目惚れ。

 

初日はそれだけで終わったのですが、毎日同じ帰宅時間に会うことが重なり次第に愛着が増大していったとのことです。

 

雨の日も外の気温にも野良猫ちゃんは影響されてしまいます。

 

不憫に思った嫁はその猫ちゃんを捕まえて飼うことを決断します。

 

その瞬間、結婚して嫁にもらうのと同時に猫がついてくることになりました。

 

私も猫好きで猫を飼育することを夢見ていた時期がありましたので、嫁の猫を飼う提案にOKを出し、捕まえることにしました。

 

しかし、猫を飼ったことがない私たちがどのようにして猫を捕まえるのかどうか悩みました。

 

そんな時、偶然最寄り近くの駅で里親募集という名目で保護猫ちゃんを街中で披露している団体と出会いました。

 

団体のある一人のメンバーが偶然、嫁の実家近くに住まいを持っていたため、意気投合し、なんと捕獲セットを貸してくれることになりました。

 

それだけではありません。

 

去勢手術やワクチンを打つために病院の手配までもその方が行ってくれることになりました。

 

ここまで偶然が重なることは滅多にないと今でも感じています。

 

その方の協力のおかげで猫を無事に捕まえることができました。

 

遊べるようにおもちゃなども準備し、トイレモグニャンというキャットフードを準備も事前に揃えていたので猫ちゃんに不自由を与えることはありませんでした。

 

現在は我が家の癒し系存在として立派な家族の一員になってくれています。

 

そんな猫ちゃんですが、一番苦手なのが外の世界です。

 

野良時代、あれだけ自由に駆け回っていた外の世界ですが、全く出ようとはしません。

 

家の中にいたがります。

 

病院へ通院することがあり特製ゲージに入れて外出するのですがひたすら泣いてしまいます。

 

最近ではどこにいてもいつ震災が襲ってくるかわかりません。

 

家が倒壊しないとも限らないので、今のうちに外の世界に出る習慣をつけて欲しいと願っているのですが、中々うまくいきません。

 

無理強いは禁物だと思うので強制的には外に出すような真似はしていないのですが、飼い主的には心配が付いて回ります。

 

野良時代、外の世界を駆け巡っていた猫が今ではすっかり家猫になってしまったという猫ちゃんでした。