猫 サイン 病気

猫が送ってくるサインを見逃さないで!健康状態は見た目で分かります

子供の頃から猫が大好きでようやく猫を飼える環境になり、15年間猫と共に生活しました。

 

病気で亡くなってしまったのですが、「猫の状態に早く気づいていれば・・・」と亡くなって3年経った今でも後悔ばかり。

 

猫の健康状態って見れば分かるんですよ。

 

猫の体調が悪いときは毛並みが乱れるんです。

 

健康な状態だと毛繕いをちゃんとしているため毛並みがキレイですが、体調が悪くなると毛繕いをしなくなるか、したとしても簡単に舐めるくらいだから毛並みが悪くなります。

 

毛づやもなくなるからよく見れば猫の健康状態が良いのか悪いのかが分かるのです。

 

それから猫をブラッシングしても猫の健康状態が分かります。

 

カラダが弱くなったり病気になると抜け毛が多くなるんですね。

 

季節も関係しているけどそれ以外でも抜け毛が多くなります。

 

やっぱり毛繕いがちゃんとできていないからブラッシングすると毛がたくさん抜けるんです。

 

何度もブラッシングしても毛が大量に抜けるときは動物病院で診てもらうと良いですよ。

 

抜け毛が多くて部屋が汚れるとか、抱っこすると服に抜け毛がたくさん付いている場合は猫の体調が悪いかもしれません。

 

早めに病院へ連れて行きましょう。

 

猫は体調が悪くなるとサインを送ってきますよ。

 

猫が送ってくるサインを絶対に見逃さないでくださいね!

 

見た目では先ほど述べたとおり、毛づやが悪くなったり抜け毛の量が増えます。

 

それはちゃんと気にかけていれば分かります。

 

それプラス、猫は体調が悪いと食べなくなります。

 

人間も病気になると食欲が失せますが猫も同じこと。

 

病気になったり体調が優れないときは食べようとしません。

 

大好物のフードを出しても食べなかったら様子を見て、しばらく食欲がない様子だったらすぐ病院へ連れて行きましょう。

 

1日2日食欲がない程度なら休ませて様子を見るだけで良いけれど、それ以上食欲がない場合は明らかにおかしいのです。

 

そうなったら後回しにしないですぐ病院で診察してもらいましょう。

 

食欲が何日経っても戻らないのはおかしいです。

 

食べたくても食べられないのか、食欲がないのかによっても違います。

 

どちらにしても食べない状態が続いたら猫は弱って死んでしまいます。

 

水を飲めるから大丈夫などと気楽に構えず、固形物を食べない場合は病院へ連れて行くのです。

 

こんな風に猫はいろんなサインを送っています。

 

飼い主にわかりやすいようにサインを送っているので普段から猫の様子を見てくださいね。

 

ちゃんと見てあげていれば猫のカラダの変化に気づいてあげることができます。