猫 健康 キャットフード

愛猫の健康を考えるなら良いキャットフードを与えて!

猫は腎臓の病気にかかりやすいです。

 

高齢になると腎臓が弱ったり病気になりやすいので注意が必要です。

 

猫がかかりやすい病気があるので猫を飼うならそういうことに気をつけることが大事ですね。

 

そして猫は体調が悪くなると飼い主にちゃんとサインを送ってきます。

 

私はそれを知らずに猫を飼ってしまったことを後悔しています。

 

猫は大切に育てれば滅多に病気をしないと思っていました。

 

室内飼いで可愛がって育てていれば長生きできるんだと勘違いしていたんですね。

 

猫は野良猫としても生きていけるくらいたくましいのだから、御飯も普通のキャットフードを与えていればそれでいいんだとずっと思っていたんです。

 

私は家族同然の猫を腎臓の病気で亡くしてしまってからスーパーなどで売っているキャットフードは評判が良くないことを知ったんです。

 

ではどんなキャットフードが良いかと言えば、それは動物病院や獣医師が推奨しているモグニャンやカナガンといったプレミアムキャットフード。

 

たしかに動物病院や獣医師が推奨している普段目にすることのないキャットフードは値段を見ると市販で売られているのと比べるとかなり高いです。

 

ですが、動物病院や獣医師が推奨しているキャットフードが猫の体には良いらしいのです。

 

値段が高いのには全て理由がありますよね。

 

スーパーに置いていないキャットフードはある意味特別です。

 

そういうキャットフードを毎日猫に与えることで猫は健康になり、病気にかかりにくくなり、その結果寿命が延びるのです。

 

少しばかり値段が高くてもトータルで考えればそういうキャットフードを与えた方が安くて良いのです。

 

私がもっと早くそういうキャットフードの存在を知っていればうちの猫は病気にならなかったのかもしれません。

 

もっともっと私たちの大切な家族でいてくれたのかもしれません。

 

猫はフードを選べません。

 

愛猫のフードを選ぶのは私たち飼い主です。

 

食べたくないフードでもそれしか与えられなければ生きるためにそれを食べるしかないのです。

 

私はなんて知識不足でおろかだったんだろうと、猫が亡くなった後自分を責めました。

 

人間だって食べるものが悪ければ病気になります。

 

食べるものが良ければ健康なカラダを長く維持できます。

 

それに人間はいろいろな物を好きなように購入して食べることができますね。

 

それに比べて猫は人間が与えるフードしか食べられない。

 

安いキャットフードでも食べなければ死んでしまうと思えば無理をしてでも食べようとします。

 

私には猫を育てる資格はありませんでした。

 

猫と暮らせることの喜びばかり感じて猫に対する配慮が大きく欠けていたんです。

 

猫を飼うときは猫のことを1番に考えなければいけませんね。

 

これから猫と暮らそうと思っているかた、既に猫と暮らしているかたも猫に食べさせてあげるフードは必ず安全で安心なものを食べさせてあげてください。

 

じゃないとあとで後悔することになりますよ・・・