猫 リード 散歩 蛇

愛猫にリードを付けて散歩をしていたら愛猫が蛇に咬まれた!

私は茶トラと黒猫の兄弟猫と同居しています。

 

普段は室内飼いで、土日はリードをつけて散歩に出かています。

 

住まいは田舎住まいで、自宅周辺は茶畑がひろがり散歩には絶好のロケーションなのですが…。

 

2年ほど前の夏、夕方の散歩帰りのことです。

 

道路わきで何かを見つけた茶トラが草むらに顔を突っ込み、前脚でちょっかいを出していたところ、ギャっと叫んで飛びあがりました。

 

慌ててその場所を確認すると茶色っぽく短い蛇が逃げていきます。

 

どうやら前脚の(手の甲)を噛まれたようで少し出血しています。

 

すぐにマムシだと気づきました。

 

マムシの毒はハブより強く、人でも死亡することがあると聞いていたのでとても慌てました。

 

家に戻って様子を見ていましたが、しばらくは傷口を舐めていましたが、そのうち下駄箱の下の隙間に隠れるようにして動かなくなってしまいました。

 

時刻はちょうど19時前、近所の動物病院の診察時間も終わりかけていましたが、慌てて電話でお願いし連れて行くことにしました。

 

ケージに入れたときには咬まれた手は腫れあがり、出血は依然ジワジワ続いている状態でした。

 

動物病院に到着し、すぐに獣医さんの診察を受けることができました。

 

やはりマムシに咬まれたのだろうということでしたが、しかし「猫はもともと砂漠の動物でヘビとの接点も多い環境です。だから猫の身体はヘビの毒を分解する能力を持っているんですよ」とのことでした。

 

しかし、咬まれた部分の壊死や回復を速めるために炎症を抑える薬を注射していただき家に戻ることができました。

 

しかし、その夜はまた下駄箱の下で隠れるようにしていて、ほとんど歩き回りませんでした。

 

翌日、翌々日も通院し、点滴代わりの輸液注射を背中に打っていただきました。

 

ヘビに咬まれた場合、血液の循環が悪くなったり毒による影響で腎不全を起こす危険があるそうです。

 

3日間の通院と家での自発的な安静で4日目には普段と同じように歩き回ることができるようになりました。

 

その後は後遺症状もなく元気な姿に戻りましたが、咬まれた跡はしばらく毛が抜けたままの状態で痛々しく、元通りになるまで半年以上かかったように思います。

 

獣医さんによると、犬がヘビに咬まれることはたまに起こるそうですが、猫が咬まれるのは珍しいそうです。

 

猫は犬に比べ用心深かったり、機敏だったりするからかも知れません。

 

当時茶トラはまだ2歳だったので、好奇心で思わず手を出してしまったのかもしれません。

関連ページ

乳がんで愛猫が19才で他界した話。
あなたは猫のエネルギー治療をご存知ですか?
猫が花を誤食してしまって動物病院で診察してもらった結果・・・
飼っている猫が下部尿路疾患になった話
えっ!?血便!?愛猫の便に血が混ざっていました!!
動物病院の先生が言った猫の7つの生活習慣病とは
愛猫の口が臭い!!これは病気!?
保護猫ちゃん活動を推奨している動物病院はオススメ!
愛猫のトイレの回数が多い!膀胱炎でした・・・
猫の後足の爪切りは必要?
初めて飼った猫の去勢手術…心配なことばかりだった
野良猫からノミをうつされてしまった事件!
むずかしい!愛猫の過剰グルーミング対策!
猫のおしりにごはん粒?寄生虫にはご注意!
猫を動物病院に行かせなければいけないと思った瞬間
猫の体調と気圧変化の関連性について
去勢手術。猫生(びょうせい)最悪の二日間
災害の時のためにキャットフードは色々と試すことも必要
あやまって誤飲をしてしまったうちの猫
外出や散歩はあまり得意ではない猫ちゃん
今では長寿の黒猫ちゃん。昔は耳ダニだらけだった!
猫が送ってくるサインを見逃さないで!健康状態は見た目で分かります
愛猫の健康を考えるなら良いキャットフードを与えて!
知識を増やして猫ちゃんに適切なキャットフードを
猫が完全室内飼いで肥満になり下部尿路系と消火器疾患に!